キャリアアップ

営業職
My Challenge

東北のモバイルソリューションを
明日の住みよい日本につなげたい。

scroll

渡辺 有美

法人営業

ドコモ東北支社出向
法人営業部 ICT街づくり担当(取材当時)

経 歴

1997年 04月
入社 端末技術センタ配属
2003年 04月
MM事業部モバイルサポート担当
2007年 04月
モバイルビジネス部 モバイル開発担当
2008年 04月
モバイルシステム部 コンテンツビジネス担当 ドコモカップ
2013年 04月
モバイルシステム部 システム企画担当
2015年 04月
経営企画部システムサポートセンター(主査任用)
2016年 04月
法人営業部ソリューションサポートセンター SE支援(保守、技術支援など)
2019年 04月
ドコモ東北支社出向 法人営業部 ICT街づくり担当(現職)
Question01

現在の事業内容を詳しく教えてください

ドコモとパートナー企業の総合力で東北各地のICT街づくりを応援しています。

ICT街づくり担当は、「地方創生」や「教育」をはじめとする多様なテーマに対し、ドコモのアセット(技術、設備、ネットワーク等)とパートナー企業の強みを組み合わせた新技術・新サービスを個別に提供し、新ビジネスの創出や社会課題の解決に取り組んでいる部門です。新たな領域にモバイルソリューションを導入し、自社の利益および東北の活性化に貢献することを目標に、各支店と連携しながら各案件の戦略検討や提案活動を進めています。そのなかで、私は、業務が円滑に進むよう後方支援のような立ち位置で担当内のメンバーをサポートしています。また、新規案件の相談窓口としてドコモのアセットとのマッチングなども担当しています。

Question02

仕事でチャレンジした経験を教えてください

iアプリコンテスト「ドコモカップ」の事務局リーダーにチャレンジ。

現在も日々チャレンジの連続ですが、これまでに経験したなかで特に思い出深いのは、2009年から2011年にかけて担当した東北の学生向けiアプリコンテスト「ドコモカップ」です(※iアプリ=iモード対応携帯用アプリケーション・ソフトウェア)。このコンテストは、年度はじめに参加者を募るため東北の大学や専門学校を訪問し、ドコモの取り組みをPRすることから始まり、参加した学生が作品を完成できるよう年間を通じたサポートや支援体制の確保、大規模な最終審査会の開催など、業務のボリュームが年間を通じて非常に多い仕事でした。社内の対応、学生への対応、審査員の方々への対応、イベント会社への対応…等々、対外的な調整も非常に多く、進捗管理の重要さとメンバーとの連携の重要さを身をもって知ることができました。

事務局のリーダーとして判断を任される場面も多々あり、自分の決断は間違っていないだろうかと悩んだこともたくさんありました。しかし、この年間を通じた取り組みの集大成である最終審査会が成功裏に終わると、これまでにない達成感を感じ、やってよかったと素直にそう思えました。いろいろな失敗もありましたが、最期までやり遂げることができたのは、周囲の協力や支援があったからこそです。どんなにハードルが高くでも、目標を同じくするメンバーと力を合わせ、切磋琢磨しながら進めば大きな成果を得ることができる。そんなことを学んだチャレンジだったと思います。

Question03

今後の目標を教えてください

ひとつひとつの努力と希望を、明日の住みよい日本社会につなげていきたい。

いま、ICTを活用したドコモのモバイルソリューションは、地域社会が現状そして将来も含めて直面する各種の課題に対し、最新技術とのマッチングによる「解決への道」を個々に提供しはじめています。地域の少子高齢化と生産人口の減少をカバーしたい、健康年齢を引き上げるために住民のヘルスケアを充実させたい…等々、あらゆる地域の課題は国家の難題でもあります。私としては、ドコモCS東北と自治体が一緒に成し遂げたことが横方向に展開されて、これからの若い人たちが住みよい日本になればいいなとそう願っています。

学生のみなさんへメッセージ

失敗を恐れず、いろいろなことにチャレンジしてほしいです。社会人になれば、任された仕事を進めていくうえで苦難に直面することが必ずあると思います。しかし、その苦難は、乗り越えることで必ず自分の成長につながります。これは過去の自分を振り返っての感想ですが、苦難を避けてきた人と、さまざまなことにチャレンジしてきた人とでは、長い目でみたときの伸び幅が大きく違ってくるように思えます(苦難のさなかにあっては意識することも自覚することもできませんが…)。とにかく、いろいろな経験を経てキャリアアップしていくその過程を、成果と同じくらい大事にしてほしいと思います。そのためにはワークライフバランスも大切です。どうか、プライベートでも、職場でも、いつも生き生きと輝く素敵な人になってください。

Other他のキャリアアップを見る

営業職