My Challenge

多くの人に選ばれるドコモを
店舗づくりで実現していきます

営業職

代理店コンサルティング

鈴木 和樹

宮城営業部
代理店担当(取材当時)

2012年入社

scroll

代理店
コンサルティング

代理店様の店舗運営を「ドコモ」としてサポートし、地域のお客様から選ばれるお店を一緒につくっていく仕事

東北には191店舗のドコモショップがあり、その多くは代理店が運営しています(当社直営6店舗を除く)。こうした店舗を販売促進に向けてサポートするのが代理店コンサルティングの仕事です。ドコモとしての方針やマーケティング情報の共有、キャンペーンのご案内、事業計画や販売戦略の企画、店舗運営に関する課題の解決などが主な仕事。

ドコモCS東北を志望した理由は?
これから就職活動が本格化…というときに、あの東日本大震災が起きました。被災者となってはじめて感じた携帯電話が使えない不安と、それが復旧したときの感動に、「つながる」ことのありがたさ、「つなげる」ことの社会貢献度の大きさを実感し、ドコモCS東北に入社したいと思いました。
現在の業務内容は?
私が所属する宮城営業部のエリアには48店舗のドコモショップがあり、一人が3〜4店舗を担当しながら、ドコモとしての施策をどう展開していくのか、どうすれば日々のオペレーションを改善できるのか…等々について、店舗スタッフの方々や地区をマネジメントする方々と一緒に考え、各店の販売促進をサポートしています。
仕事のやりがいは?
ドコモショップとして統一されてはいるものの、実際には店舗ごとに個性があり、それぞれが特有の地域性やニーズと向き合っているので、そうした「カラー」を強みへと変えていくところにやりがいを感じています。ときに本音をぶつけ合うこともあり、人と人の関係性から新しい価値を生み出していくところもこの仕事ならではのやりがいだと思います。
仕事をするうえで大切なことは?
コミュニケーションも、その先の信頼関係も、「素直さ」が大切だと考えています。自分の話を聞いてもらう前に、まず相手の話を素直に聞く。自分が間違っていたのなら素直に謝る。知ったかぶりをしないで素直に教えてもらう。私たちドコモの仕事の先にはかならずお客様がいる…という当たり前のことを忘れないためにも、いつも素直さを心がけるようにしています。
入社してわかったわが社の魅力は?
いつかあの先輩のようになりたい!…この人と一緒に仕事をしてみたい!…等々、「人」への憧れや魅力でいっぱいの会社だと思います。入社当初は、学生と社会人の違いや、バイトと仕事の責任感の違いを痛感させられる場面もありましたが、同じくがんばっている同期の存在や、さりげなくフォローしてくれる先輩たちの優しさに支えられながら、少しずつ、でもしっかりと、「ドコモCS東北の自分」を確立してこられたと感じています。
今後の夢や目標、チャレンジしたいことは?
ずっと低迷していた店舗の実績が、自分のアイデアと店舗の協力でV字回復!…そんな二人三脚のファインプレーをもっとたくさんの店舗で、もっと広いエリアで、どんどん増やしていきたいというのが、この先しばらく変わることのない目標になっていくと思います。

学生のみなさんへメッセージ

就職活動時、私はドコモCS東北で働く先輩たちのお話を聞いたことで、自分もここで人間的に成長したい!…と強くそう思いました。就活する上では「どんな仕事がしたいか」を考える事も大事ですが、「自分がそこでどうなりたいのか」を考えることも大事。業界研究・企業研究の次のステップとして、ぜひ実際にそこで働く社員の声を直接ひとりでも多く聞いて、「ここで働くとどんな自分になれそうか?」とイメージしてみてください。この会社にはさまざまなワークフィールドでチャレンジできる場があり、色んなスキルを伸ばしていけると思いますよ!